[徹底解説]iPadのスキャンアプリで紙の楽譜を電子化(PDF)する方法。スキャナーは不要です!








こんにちは!Apple製品大好きなうたごえ伴奏ピアニスト・音楽療法士の ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

2013年から電子楽譜を気に入って使っています♪もう快適過ぎて紙の楽譜には戻れません。

電子楽譜を見るデバイスは、私はiPad Pro12.9インチを使っています

電子楽譜にしてから、楽譜を買うときはなるべく紙の楽譜は買わないようにしました。

ぷりんと楽譜@エリーゼというサイトで、データで買うようにしています。

全く紙を使わないので環境にも優しいですし、手間も交通費もかかりません!

めぐ
でも、データで楽譜を買えるのはわかったけど、今、紙で持っている楽譜はどうするの??

そんな声が聞こえてきそうです。

ふっふっふ…

おまかせください!!

紙の楽譜も、iPadひとつあれば電子化できますよ!

楽譜を見る機器でありながら気軽にスキャンもできる(しかもキレイ!)。iPadがある時代に生まれて良かった〜と思います。

今回は、紙の楽譜をiPadだけで電子化する方法を紹介します。

いくつか方法はあるのですが、私がいろいろ試した中で一番オススメの方法をまとめました。

事前準備

まずは、紙の楽譜を電子化するために手順をまとめました。

  1. スキャンアプリをつかって紙の楽譜を撮影
  2. スキャンアプリから楽譜用のアプリへ送信
  3. 楽譜用のアプリで楽譜を見れるようになる

ここで、私がおすすめするアプリを2つ紹介しますね!

オススメのアプリはこちら

こちらはスキャン専用のアプリです!

Evernote Scannable

無料
(2018.01.31時点)
posted with ポチレバ

 

そしてこちらは楽譜を見るためのアプリ。

この二つのアプリをApp storeからダウンロードされてください。この記事ではこれらのアプリを使って電子化していきますよー!

では、早速スキャンです!

と言いたいところですが、その前にスキャンアプリ、スキャナブルの設定を一部変更します!

スキャナブルの設定を変更

スキャナブルを立ち上げます。(初めて立ち上げた時はこの時アプリの簡単な説明が出ます)

通常、アプリを立ち上げた時にスキャンモードになっています。左下の点が3つあるボタンをタップしましょう。

このボタン小さいです。狙いを定めましょう。

 

設定」を選択します。

設定ボタン

 

Evernote」を選択します。

エバーノートを選択

 

「Scannableタグを追加」と「常にEvernoteに保存」が、最初の状態ではオンになっているので、オフにしましょう

すべてオフにしましょう

 

準備完了です!

必要なければオフがオススメ

どうしてこのような設定にしたかというと、「常にEvernoteに保存」がオンになっていると、「共有」ボタン(後で使います)を押した瞬間に、Evernote(エバーノート)というメモ用のアプリに自動保存されてしまいます。

楽譜を見るのは、エバーノートではなくPiascore(ピアスコア)がオススメなので、エバーノートへ自動保存の設定はオフにしてしまいましょう

これをしないと、どんどんエバーノートに保存されてしまいます。(それがいいという方は、もちろん設定はオンでOKです!)

さあ、今度こそスキャンしてみましょう!

では、早速スキャンしてみましょう!

今回は、横浜市歌の楽譜を電子化してみます!

まずは楽譜を準備しましょう。

横浜市歌の楽譜は2枚あります

机の色は黒や茶色など濃い方がスキャンがしやすいです

楽譜と机など(濃い色)の色の差で、スキャンの時にカメラが楽譜を認識するそうです。言葉で説明するの難しいけど、次の画像を見てもらえばわかると思います!

では、スキャナブルを立ち上げましょう!すぐスキャンモードになるので、楽譜の上にiPadをかざしてください。

斜めになっても後で補正してくれますよ!

この写真では片手でiPadを持っていますが、スキャンする時は両手でしっかり持ってくださいね!

私はもう片方の手にiPhoneを持ってこの写真を撮りました。ちょっと大変でした(笑)

アプリが「これが楽譜だね!」と認識したところが青くなっています。

そして、その1秒後には自動でスキャンされています!

しかも、斜めになっているのは自動補正してくれるし、白黒のコントラストも強調されて瞬時に見やすくしてくれます。

ここまでかなり早いです!びっくりするくらい。

ちなみに、自動か手動かは設定で変更できますが、オススメは自動です。手動だとボタンを押す時にブレやすいです。

複数枚の楽譜は、続けてスキャンしていきましょう!

横浜市歌の楽譜は2枚

スキャンした楽譜が小さく表示されていますね。

「あ!失敗しちゃった!」という時は、削除したい楽譜を上に滑らせる(スワイプ)すると消えます。

削除したい楽譜は、上に滑らせる(スワイプ)

きれいにスキャンできたか、小さな楽譜部分をタップして確認してみましょう!全ページ確認くださいね。

スキャンできたか確認

2ページ目もOK!

さあ、ここからが大事です!

  • ファイル名
  • ファイル形式

を決めます。 と言っても、難しいことではありません。下の画像を見てください。

確認するところは2ヶ所

画像に赤い印をつけているところ、左はファイル名です。

ここには曲名を入れておくことをオススメします!ここで、しっかりファイル名をつけておかないと、後でどの楽譜がどの曲かわからなくなるからです。

何もしないと、全て「Scannableの文章」というタイトルになります。なので、このタイミングでしっかり名前をつけてあげてください。

タイトルの付け方でオススメの方法は、「最初の読み3文字をひらがなで書く」方法です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

[電子楽譜の整理術]ファイル名は最初の3文字をひらがなで書くといい理由を電子楽譜歴5年目の私が語るよ!

2017.08.31

そして、上の画像の印の右では、ファイル形式はPDFか画像か切り替えられます。今回はPDFにしてください

PDF

画像

なぜPDFにするのかというと、楽譜をみるアプリPiascore(ピアスコア)が、PDFしか対応していないからです

画像にすると、iPadでは写真と認識されます。

名前をつけてPDFにしたら、いよいよ楽譜用のアプリにデータを送信します!

画像の手順の通りにやってみてくださいね!まずは「送信」をタップ。

「送信」をタップ

 

「共有」をタップ。

「共有」をタップ

 

「Piascoreにコピー」をタップ。

「Piascoreにコピー」をタップ

 

「Piascoreにコピー」が出て来ないよ〜」という方は、アイコン達を右から左にスワイプさせるとPiascoreのアイコンがいますよ!

Piascoreのアイコンを見つけましょう!

Piascoreのアイコンをタップしたら、すぐにPiascoreで楽譜が見られるようになっています!

気軽にスキャンできる素晴らしさ

私は、この方法をとるまでは、スキャナーという機械を使って紙の楽譜を電子化していました。でも、これ面倒なんですよね。

スキャナーでスキャン

データをパソコンに取り込む

パソコンからiPadに楽譜を入れる

もうこの過程があまりにも面倒で、後でスキャンしよう〜」って楽譜が山のようにたまっていました(笑)

めぐ
ズボラな私には、この方法は無理でした。

だから、今回紹介した方法に変えてからは、「紙の楽譜を見たら即スキャン!」と心に決めました。結果的に使う楽譜をすべて電子化することに成功しました!

簡単にできるって大事です。もうこの方法があまりにも気に入りすぎて、周りのiPad持っている人にすすめまくっています(笑)

また「電子化したい楽譜が大量にあるんだよ〜」って方は、こちらの記事もご覧になってみてくださいね!

[電子楽譜]大量の紙の楽譜、iPadで電子化できる?楽に効率良くできた方法を紹介

2017.08.11

まとめ

スキャンする過程はちょっと複雑に思えたかもしれませんが、手が慣れてくればどんどんできるようになりますよ。

2013年から電子楽譜でトライ&エラーをくり返してきた私が、自信を持ってオススメできる方法です!

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

また、画像(写真)の楽譜をPiascoreアプリに入れたいと思ったことはありませんか?

画像をPiascoreに入れる方法もとても簡単です。こちらの記事にまとめました。ぜひ、合わせてご覧になってみてくださいね!

写真をPiascore(楽譜用iPadアプリ)に入れる方法。一瞬で画像がPDFに!

2018.06.05

ひろせめぐみ( @megmeg0001)でした。

The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール
 Twitterでひろせめぐみをフォローしよう♪   

 

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい