Piascoreで白黒反転させる方法。暗いスタジオでも光らずにiPadで楽譜を見られるよ!








The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
「すべての人に歌う楽しみと喜びを」をテーマに、地域うたごえ(生の伴奏でみんなで歌う場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール

こんにちは!楽譜はすべてiPad Pro12.9インチで見ています ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

楽譜を見るデバイスは、iPad Pro12.9インチ、アプリはPiascoreを使っています!

iPadで楽譜を見ることはメリットが多いので、とっても気に入っています!

ただ、デメリットもあって、バックライトで画面を表示しているので暗い部屋でiPadを見ると明るく光ってしまうんですよ。

これ暗いライブハウスや、クラシックのコンサートで暗く演出する時など困るんですね。

めぐ
iPadが光ってしまって、すごく目立ってしまうのです。

でも暗い会場でも、演出を邪魔しないでiPadで楽譜を見る方法がありますよ!

アプリの設定で、楽譜を白黒反転させることができるんです!

横浜市歌の楽譜(反転)

この記事では、Piascoreで白黒反転させる方法を紹介します!

Piascoreで白黒反転させる

通常の設定は、白い背景になっています。

横浜市歌の楽譜(背景なし)

楽譜のリストの画面にして、左上にある歯車のマークをタップしましょう!

Piascoreの左上の歯車をタップ

詳細」をタップします。

Piascoreの「詳細」をタップ

背景」をタップします。

Piascoreの「背景」をタップ

背景を「なし・セピア・反転」から選びます。

Piascoreの背景を選ぶ

「反転」にすると、黒い背景に白い楽譜になりますよ!

横浜市歌の楽譜(反転)

「セピア」にすると、背景が少し黄色くなります。白よりも目に優しい感じがする!

横浜市歌の楽譜(セピア)

実際に反転させてみた

先日、ピアノ伴奏をする機会があったので、試しに反転させてみました!

チャレンジした結果、しばらくしたら慣れました!!

2時間半で30曲ほどピアノ伴奏したのですが、最初の10曲くらいは慣れなくて、白背景に戻したい衝動に駆られました。

でも、その後は気にならなくなりました!

めぐ
ただデメリットとして、今まで赤や青で書き込みしたものは反転されないので、それは見にくかったです。

「光らない」以外のメリットとしては、これは目に優しいと思いました!

最初こそ慣れなくて疲れるものの、慣れたらまぶしくなくて、目が楽になった感じがします。

Twitterでは、早速試した方からもコメントいただきましたよー!

今後は、私は目のために普段から反転させて使うことにしました。

まとめ

Piascoreは、iPadで楽譜を見る専用のアプリなので、こういうかゆいところに手が届く設定がたくさんあるのが最高です!

Piascoreへの愛は、こちらの記事でもたくさん語りました!

iPadで楽譜を見るのに「Piascore」アプリを迷わずおすすめする5つの理由

2018.03.22

また「iPadがまぶしいけど反転はやっぱり見にくい!」という方のために、ブルーライトカットメガネも私は効果がありましたよ!

そして、iPadには「Night Shift」という、画面が暖色系の光になる機能もあります!これも目の負担が楽になります。

「iPadで電子楽譜を見ると目が疲れるのでは?」その心配を解消するiPadの便利機能を紹介!

2017.08.20

快適な「iPad×楽譜ライフ」を一緒に満喫しましょう〜♪

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい