うたごえな日々♪ヘッダー画像
 ブログ メインコンテンツ

最新の記事はこちらです♪

カテゴリーから記事をさがす

ごあいさつ

ひろせめぐみ オフィシャルサイト&ブログ「うたごえな日々♪」にアクセスくださり、ありがとうございます。

うたごえ伴奏ピアニスト・音楽療法士の ひろせめぐみ( @megmeg0001) と申します。

2008年に、はじめて新宿のうたごえ喫茶ともしび(ピアノやアコーディオンの生伴奏でみんなで歌うお店)を訪れた時、周りの方が本当に楽しそうに歌っていたことと、みんなで歌い合うことはこんなにも元気になれるのかと知り衝撃を受けました

歌声喫茶ともしびは生の伴奏でみんなで歌うお店です。

当時の私は音楽療法を勉強する学生でしたが、「こんな場が日本中にもっとあったらいいな」という夢を描き、2012年から横浜で小さな歌の会をはじめました。

現在様々な地域で、「うたごえ喫茶形式」の会や集まりが開催されています。このように、生の伴奏でみんなで歌うという歌の楽しみ方は、地域では略して「うたごえ(歌声)」と呼ばれています。

歌の楽しみ方は、一般的には「カラオケ」か「コーラス」と思われていますが、私は「うたごえ」という第3の形を提案しています。

めぐ
みんなで歌うので、歌の上手い下手は関係ありません。

「音をはずしたらどうしよう、恥ずかしい」というストレスから解放されます。

歌いたい人なら誰でも楽しく歌えるのが「うたごえ」なのです。

また「うたごえ」は、あらゆるものを超えることができます。認知症の方も、車イスの方も、障がいの有無も関係なく、みんなで一緒に楽しむことができます。

人の歌声に包まれるのは何ともいえない心地よさがあります。言葉を交わさずとも「人」を感じることができる

呼吸がそろい、気持ちがそろうと、初めて会った同士でも思いが通じあったような、不思議な感覚に心があたたかくなります。

地域で開催される うたごえ「歌声喫茶サロンド鹿鳴館」

ITやテクノロジーの普及で、今後はAI(人工知能)に仕事が移っていくといわれる今、人と人がふれあう機会は次第に減少していくと考えられます。

そんな時代だからこそ、「心地よい感情の中で『人とのつながり』を感じることができる場」は、これからますます求められてくると感じています。

「うたごえ喫茶」という、従来のお店という形式にとらわれず「地域の資源を活かして催される、手作りのうたごえ喫茶形式の場」を、私は「地域うたごえ」と呼ぶことにしました。

このサイト内にあるブログでは、私が地域うたごえの活動に取り組む中で、学んだことの記録を公開しています

めぐ

私は、2012年から地域うたごえの活動をはじめ、行政・企業・市民活動団体と共に、地域にうたごえの場をつくってきました。

また2015年からは、思いの原点である「うたごえ喫茶ともしび」でもピアノ伴奏をしています。

私の経験が事例のひとつとして、地域うたごえを実践する方・これからはじめる方にの役に立てれば幸いです。

このブログを通して日本中に地域うたごえの場が増えたら、その結果一人でも多くの方に歌う楽しみと喜びをお届けできたらと思います

地域うたごえに役立つ情報をお届け♪