歌声喫茶を実践する ひろせめぐみの公式サイト&ブログ

うたごえな日々♪

おすすめ・特集 歌声喫茶ともしび

【発売中!】書籍「うたごえ喫茶ともしび」の歴史(ともしび前社長大野幸則の遺作著書)に、寄稿しました!

投稿日:

こんにちは!うたごえ喫茶ともしびでピアノ伴奏をしています ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

『うたごえ喫茶ともしび』の歴史」という本が、2019年5月27日に発売されました!

上・下巻あります。

著者は、株式会社ともしびの前代表取締役、大野幸則です。

実は、大野前社長はこの本の発売を待たずして、2019年4月6日に他界されました。

この本が大野前社長の遺作著書となりました。

このページで、書籍「『うたごえ喫茶ともしび』の歴史」を紹介させてください。

ともしび前社長の大野幸則

ともしび前社長の大野幸則は、2015年から癌を患い、4年間治療を続けておられましたが、69歳という若さで永眠されました。

ずっと続けてこられていた「『うたごえ喫茶ともしび』の歴史」の執筆が、大野前社長の最期の仕事となってしまいました。

大野前社長は約50年間、ともしびの運動に関わってこられ、また1996年からは、ともしびの代表として先頭に立って引っ張ってくださいました。

力強いパワー、皆を励ます言葉、そしてあたたかい笑顔が素敵な社長でした。お話する機会は少なかったのですが、心から尊敬する方でした。

ともしび一同、大切なリーダーを失い悲しみにくれた2019年の春だったのですが、大野前社長は、大事な本を私たちに残してくださったのです。

本の内容

「『うたごえ喫茶ともしび』の歴史」〜歌い続けた65年間〜の帯には、このような言葉が綴られています。

上巻

これが私の最期のことばです。

「うたごえ喫茶ともしび65年・音楽文化集団ともしび50年 音楽文化と人間社会の有り様を求め続けた年月でした」

皆さま、ありがとうございました。

↑上巻の言葉は、大野前社長が亡くなる前日にメールで送られてきたものなのだそうです。

下巻

一緒に歌い合い、生き合う!

歌は、人々を励まし明日を生きる勇気を生み出す。

↑「生き合う」という言葉は、大野前社長が生前、よく使われていた言葉でした。

では、どんな内容がこの本に載っているのか。本の目次を紹介しますね。

 上巻

第1部:創業から国民的ブーム、一転して相次ぐ閉鎖(1954〜1964年ごろ)

第2部:自主的な店作り、音楽文化集団ともしびの結成(1966〜1970年前後)

第3部:「歌声喫茶の灯消える!」報道、しかし地道に地方へ広がる(1975〜1984年頃)

 下巻

第4部:旺盛に展開するともしびの音楽創作活動(1980年代後半)

第5部:危機からの再構築(1990年代〜2004年頃)

第6部:うたごえ喫茶の新たな展開(2005年頃から現在)

思い出の人びと

うたごえ喫茶ともしび・音楽文化集団ともしびの歴史が中心にありながら、「うたごえ喫茶とは?」「音楽とは?文化とは?」「人間社会とは?」という視点まで切り込んで書かれています。

問いを持って読む

私は、大野前社長が残してくださったこの本を、自分なりの問いを持って読むことにしました。

  • なぜ、うたごえ喫茶が65年続いて来たのだろうか?
  • 人々が、うたごえ喫茶に求めてきたものってなんだろう?
  • 現代社会において、うたごえ喫茶が果たす役割とは?

実はこれらは、いつも私が持っている問いです。

この本に大きな手がかりがあると思っています。これからの「うたごえ喫茶のあり方」を見つけていきたいです。

私はまだ読んでいる途中なのですが、読んでは戻り咀嚼そしゃくして、読んでは戻り咀嚼しているので、なかなか読み進まないです。

めぐ
それだけ、この本の内容が濃いんです。

寄稿させていただきました

あと大事なこと!この本で、私のことと、このブログのこと、「歌声喫茶コミュニティ研究会(現在は閉鎖)」を紹介くださいました。

そして実は私も一部寄稿をさせていただきました!下巻に載っています。

「これからのうたごえ喫茶」というテーマで書かせていただきました。

実は2018年12月に、大野前社長と2時間ほどお話する機会をいただき、光栄にもその時に「書いてくれるかな?」とお声かけいただいたのでした。

ちなみにその時にお話したこと、一部をこちらの記事で公開していますよ。

「めざすのは、ともに生き合う社会」ともしびの大野社長が語る歌声喫茶の歴史とこれから

こんにちは! ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。 私は、新宿の歌声喫茶ともしびというところでピアノ伴奏をしています。 ピアノやアコーディオンの生の伴奏で、みんなで歌うお店です! 歌声喫茶と ...

他にも、コミュニティ支援をしている団体「CRファクトリー」の若いスタッフがうたごえ喫茶ともしびへ行った話や、アカペラコーラスグループ「ベイビー・ブー」のユースケさんの言葉も載っています!

若い方が「うたごえ喫茶ともしび」を様々な視点から見ていることがわかって、おもしろいです。

購入できるところ

もうひとつ大事なこと。どこでこの本が購入できるかお伝えしますね。

一般の書店で購入できますし、新宿のうたごえ喫茶ともしびの店や、ともしびショップでも販売しています。

また、amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングでも購入できますよ!こちらにリンクを貼っておきます。

まとめ

今後のうたごえ喫茶ともしびにとって、とても大事な本を大野前社長は残してくださいました。

「みんなで一緒に歌う」というシンプルなことが、こうして「うたごえ喫茶」を生み、65年にわたって多くの人を励まし、勇気づけてきました。

この本から、学べることがたくさんあります。

今、うたごえ喫茶の活動をされている方、音楽の活動をされている方で、持ち続けている問いがあったり、モヤっとしていることがあれば、この本が解決への手がかりになるはずです。

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ。」という言葉もありますね。

うたごえ喫茶ともしび65年の歴史から、気づきや学びを得ていただけるのではないかと思います。ぜひ、ご覧になってみてください!

 

 あわせて読みたい

 
 このページをSNSでシェアできます♪
  • この記事を書いた人
ひろせ めぐみ

ひろせ めぐみ

「『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、地域での歌声喫茶(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。 ▶くわしいプロフィールチラシ・パンフレット用のプロフィール

-おすすめ・特集, 歌声喫茶ともしび

Copyright© うたごえな日々♪ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.