歌声喫茶ともしび お知らせ・ご案内

歌声喫茶ともしび支援金のお願い

こんにちは。ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

66年間ともに歌いあい、多くの人に寄り添いながら励まし続けてきた歌声喫茶ともしび

コロナウイルスの影響でともしびのお店が存続の危機です。助けてください。力を貸してください。

このページでは、ともしびの支援募金のお願いを私の想いとともに書きました。

歌声喫茶ともしびとは

歌声喫茶ともしびは、司会者のリードのもとピアノやアコーディオンの生伴奏でお客様みんなで歌う飲食店です。

↑ 歌声喫茶ともしびの店内

1954年から続いているお店で、2020年で66年になります。

ともしびのお店は、みんなで歌う楽しみに加えて交流の場にもなっています。

一見すると娯楽のお店。でも実は歌うことを通してめざしているのは、人と人との関係性の中から皆で心豊かに生きる力を育む「ともに生きあう社会」です。

歌声喫茶ともしびとの出会い

私が初めて歌声喫茶ともしびのお店に足を踏み入れたのは2009年。この経験が、私の人生を大きく変えることになります。

ともしびのお店では、周りの方が心から楽しそうに幸せそうに歌っている姿がとても衝撃的でした。強く印象に残っています。

それまで、私にとって音楽は「自分の価値を証明するための道具」でした。

10代の時、厳しい偏差値教育の中で「自分に何か価値をつけないと社会から排除される」という考えに取り憑かれました。その恐怖心からいつからか音楽を道具にするようになってしまったのです。

「もっと、もっと楽器が上手くならないと排除される…」

そんなガチガチに固まった私の心を解放されてくれたのはともしびでした。

ともしびのお店では、プロもアマチュアも、歌の得意不得意も、音楽歴も、社会的立場も、年代も、国籍も、障がいのあるなしも、なにも関係ない。

もうお客様・従業員の線すらも見えないのです。

めぐ
お店に来た妹には「誰が店員さんなの?」と聞かれたほどです。

それぞれが心を解放させて自由に歌っているのに、みんなで声を合わせて歌っている。ひとつの音楽ができていく。

自由と調和が共存する」この不思議な空間に魅せられたのかもしれません。

「ありのままの私でも受け入れてもらえるんだな」「音楽って楽しいものだったんだな」

ふっと力が抜けたような、でも不思議なあたたかい気持ちになりました。

ともしびのお店を続けたい

ともしびで働くようになって、お店が本当にたくさんの人の心の拠り所になっていることを知りました。

1954年から様々な困難を乗り越えながらも休まず歌い続け、一体どれだけの人を励まし勇気づけたでしょうか。その中の一人に私がいます。幾度となく助けられました。

このブログでは私のいろいろな活動を発信していますが、想いの原点になったのは歌声喫茶ともしびです。

しかし2020年4月、新型コロナウイルスの影響で歌声喫茶ともしびはかつてない危機に陥っています。

楽しく集い、顔を合わせながらみんなで歌う。悲しいことに今リスクの大きなコンテンツになってしまっています。

しかし、今まで歌声喫茶は時代をこえ多くの人を励ましてきました。きっとこれからの未来も、歌声喫茶は多くの人に寄り添い励まし勇気づけるでしょう。

ともしび支援募金のお願い

現在、ともしびのお店は休店しています。休店している間も家賃など様々な経費がかかります。

このままでは、60年以上歌い続けてきたともしびの灯が消えてしまいます。

お店や歌声喫茶ともしびの文化を守るため、ともしびは支援募金をお願いしています。

ともしびのホームページから引用してご紹介します。

私たちは歌声喫茶という、歌うことを通して皆でともに生きあっていく文化の場が、これからの時代にとっても、ますます求められていくものだと信じています。
全国のみなさまから、ご心配の声や励ましの言葉をいただき、感謝で一杯です。

ですが、このような状況が続けば、お店と公演活動を存続させていくことが困難となっていきます。私たち従業員にとっても、働く場として開け続けていかなければ、生きていく道を絶たれてしまうことになります。

この事態を乗り越えて、うたごえ喫茶ともしびを存続させていくために、皆様に支援募金のご協力をお願いすることと致しました。

うたごえ喫茶ともしびは、多くの皆様に支えられて、66年間休むことなく歌いつづけてきました。
私たちともしび一同、この厳しい状況を乗り越えて、歌声喫茶文化を守っていくために一丸となって取り組む所存です。

どうぞお力添えを、宜しくお願い申し上げます。

引用:ともしび支援募金のお願い

ともしび支援募金について、詳しくはともしびのホームページのこちらをご覧ください。

ともしび支援募金のお願い

こちらの支援のお願い文でも呼びかけています。印刷してご利用いただけます。

 印刷用PDF

また、TwitterやFacebookなどSNSでの拡散も支援の助けになります。

どう呼びかけたら良いか迷ってしまう方は、私の投稿でよければリツイートやシェアください。

可能な範囲で構いません。どうか支援をよろしくお願いします。

こがねのともしび とわに消えず
(ロシアの歌「ともしび」より)

歌声喫茶ともしび ピアノ伴奏者
ひろせめぐみ

▼リアルタイム情報をTwitterでつぶやき中!

ひろせめぐみをTwitterでフォローしよう

 

 こちらもどうぞ♪
 
 このページをSNSでシェアできます♪
  • この記事を書いた人
ひろせ めぐみ

ひろせ めぐみ

歌声喫茶ともしびなどで伴奏しているピアニスト・アコーディオニスト。歌声喫茶とは、生の伴奏で司会者のリードのもとみんなで歌う飲食店です。 また、私個人の活動として地域で歌声喫茶をモチーフにした「居場所・出場所づくり」を行っています。 活動の中で得た学び・気づきをブログで公開。お客様も関わる人も、みんなが幸せになりながら社会全体が発展する歌声喫茶のあり方を模索しています。

-歌声喫茶ともしび, お知らせ・ご案内

© 2020 うたごえな日々♪ Powered by AFFINGER5