2020年の日記

コミュニティを贅沢品にしたくない〜うつ一歩手前になった話〜

こんにちは!ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

「コミュニティを贅沢品にしたくない」というテーマでちょっとがんばって書きたくなりました。

(コミュニティ = 日本語で言うと「共同体」や「集団」かな)

2年前のことです。私は一人の時間が長すぎてうつ一歩手前になりました。

今思えば、私はずっと人と真正面から向き合ってこなかったのかもしれません。誰かといても、向き合っている風を装っていたけど心は離れてた。

私は今まで、心のどこかで「コミュニティは贅沢品」だと思っていたんです。私にはもったいないと。

 

また今は、世の中も「自分から行動をおこさないと、うっかり一人になってしまう」という構造になってきていると感じています。

わずらわしさからは解放されるけど、孤立と隣合わせの時代。

 

「社会的孤立化の予防」を掲げて地域で歌声喫茶の活動していた私にとって、自分でも信じられないことが起きたと思い、とてもショックでした。

わかっていたはずなのに「うっかり一人になってしまった」。これは、誰にでもどの世代にも起こりうることなんだと身を持って感じます。

 

私は、うつ一歩手前になったタイミングで、人とのつながり・コミュニティ研究や支援をしているCRファクトリーという団体に出会いました。

毎日「消え去ってしまいたい」と思っていた時に、私のことを気にかけてくれて、社会人スタッフとして仲間に入れてもらいました。

私自身がコミュニティに救われた経験をしたんです。

 

そして、「コミュニティは、生きるために誰にとっても必要なものなんだ」ということも知りました。

「豊かに生きるために必要」じゃないんです。「生きるために必要」なんです。CRファクトリーに出会わなかったら、私は取り返しのつかないことになっていたかもしれない。

私は、周りの人に対してきちんと向き合えてなかった自分に気がつくことができました。

 

今は、身近な人や、職場の仲間の優しさ・あたたかさに気づけるようになったり、ちゃんと受け止められるようになりました。

前は誕生日を祝われるのが嫌だったのに、受け止められるようになりました。

私も「周りの人をもっと大切にできるようになりたい」って思えるようになりました。

 

7月19日にCRファクトリーが開催する「コミュニティフォーラム2020」というイベントがあります。

ここで深めていくコミュニティは、決して特別なコミュニティではなく、誰にとっても身近な「家族・健康・教育・職場」がテーマです。

それは、「コミュニティを『特別な誰かのもの』ではなく、自分の事として捉えてもらえたらいいな」「自分の周りや日常を見つめなおす機会になったらいいな」そんな思いが込められています。

 

かつての私のように「まったく普通に見えていても、ものすごい生きづらさや孤独・虚しさ・消えたさを抱えている人」が他にもいるかもしれない。

先進国で日本だけが「若者の死因1位が自殺」です。でもわかる。心がギューっと痛くなります。

コミュニティフォーラムを通じて、「コミュニティの新たな概念」に触れられたり、日常の見え方が変わって、過去の私のように心が軽くなって生きやすくなる人が増えたらいいな。

そんな未来を夢見ています。

 

コミュニティフォーラム2020
「今、あらためてコミュニティと出会う」

必要な人に、どうか届きますように。

 コミュニティフォーラム2020の詳細はこちら

▼リアルタイム情報をTwitterでつぶやき中!

ひろせめぐみをTwitterでフォローしよう

 

 こちらもどうぞ♪
 
 このページをSNSでシェアできます♪
  • この記事を書いた人
ひろせ めぐみ

ひろせ めぐみ

歌声喫茶ともしびなどで伴奏しているピアニスト・アコーディオニスト。歌声喫茶とは、生の伴奏で司会者のリードのもとみんなで歌う飲食店です。 また、私個人の活動として地域で歌声喫茶をモチーフにした「居場所・出場所づくり」を行っています。 活動の中で得た学び・気づきをブログで公開。お客様も関わる人も、みんなが幸せになりながら社会全体が発展する歌声喫茶のあり方を模索しています。

-2020年の日記

© 2020 うたごえな日々♪ Powered by AFFINGER5