[動画あり]歌声喫茶バラライカ(仙台サンプラザ店)はライブ感が半端ない場です!(宮城県仙台市)








The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール

こんにちは!うたごえ伴奏ピアニスト・音楽療法士の ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

このブログでは、いろんな歌声喫茶に行ったり出演したレポートを書いています。

今回は、宮城県・仙台にある歌声喫茶「バラライカ」のレポートです!

歌声喫茶バラライカとは

歌声喫茶バラライカは、宮城県仙台市にある、生の伴奏でみんなで歌うお店です。

1978年に誕生したバラライカ。もとは店舗を構えて営業していたお店でした。

上の写真はその時のバラライカのお店の様子です。しかし、建物の老朽化や2011年の東日本大震災の損傷で、その建物を出ないといけなくなってしまいました。

一時期は「バラライカはなくなってしまうのだろうか」とも言われていましたが、なんと2014年から「仙台サンプラザ」というホテルの会場を借りることができ、そこで歌声喫茶を続けることができました。

このような歴史を歩んでいるお店なのです。

歌声喫茶バラライカへのアクセス

バラライカ(仙台サンプラザ店)は、仙台駅からJR仙石線でひと駅。「榴ヶ岡(つつじがおか)」が最寄り駅です。

榴ヶ岡の駅

2番出口を出たら、すぐ目の前にあるホテルです!

仙台サンプラザホテル

ホテルの入り口には「うたごえ喫茶バラライカ」の看板が!

仙台サンプラザホテルの6階にあるバラライカ

ホテル1階の入り口から入って左奥にエレベーターがあります。6階に上がると、バラライカの入り口はすぐです!

歌声喫茶バラライカの入り口

早速中に入ってみます。ドキドキ…。

歌声喫茶バラライカの入り口扉

歌声喫茶バラライカの店内

室内は広いです!だけれども、ステージにはたくさんの楽器がところ狭しと並んでいました。

歌声喫茶バラライカには楽器がたくさん!

会場のうしろには、いろんな歌声喫茶で使われた歴代の歌集が展示してありました。

歌声喫茶で使われた歴代の歌集

バラライカの歌集もありましたよ!

歌声喫茶バラライカの昔の歌集

ちなみに今、バラライカで使っている歌集はこれです。

歌声喫茶バラライカで今使っている歌集

歌集から歌いたい歌をリクエストできます!

バラライカのリクエストカードはこちら。

歌声喫茶バラライカのリクエストカード

このリクエストカードには「歌いたい・聞きたい・教えてもらいたい」と印をつける欄がありますね。東京・新宿の「家路」という歌声喫茶のリクエストカードも、このような印をつける欄がありました。

壁には、バラライカの写真がたくさん貼られていました。

歌声喫茶バラライカに貼られた写真

バラライカに展示・掲示されているものを見るだけでも、すごく興味深かったです!

歌声喫茶バラライカのステージ

司会&アコーディオン伴奏は、このお店をつくった南部敏郎さん。

隣の女性は、歌&パーカッションの南部よし子さんです。

歌声喫茶バラライカの南部敏郎さん

写真手前の若い男性の方は、南部大地さん。バラライカの現・店長です!

歌声喫茶バラライカの南部ファミリー

バラライカは、南部ファミリーが中心となって運営されているお店なんですね!

この日のバラライカは、超満員!

歌声喫茶バラライカの店内

実はこの日は、翌日に青森県で「深浦のうたごえ」という200名規模のイベントがあり、それに参加する方が前夜祭としてバラライカに集合したのでした。

歌声喫茶バラライカは満員になりました!

日によっては、こじんまり・のんびり歌っている時もあるそうです。

今回は、私もピアノで伴奏に入らせてもらいましたよ〜!

南部大地さんとひろせめぐみ

この日は、アコーディオン3台、ギター、バンジョー、ピアノ、トランペット、ドラムなど、いろんな楽器が伴奏に入りました。また、歌う方も仙台ロシア合唱団の方などもいらしていたので、とても賑やかでした!

とにかく「ライブ感」がすごい!

バラライカのステージの特徴は、とにかく「ライブ感」が半端ないことです!!

南部敏郎さんの司会やアコーディオン伴奏が、とにかく「ライブ」そのものなんですよ。

歌声喫茶バラライカは満員!

もちろん、主役はみなさんの歌なんですが、アコーディオンにうまくノセられてどんどん歌ってしまうんですね

バラライカにずっといらしているお客様からは、こんなコメントもいただきました!

ライブ感が半端ないバラライカでは型にはまった演奏ではなく、お客様がノッテルナ!と思うとリフレインを1音づつ上げながら繰り返す「魔のソプラノ・テナー泣かせ」があります。でも、これがまた、ノっちゃうんだなぁ♪

魔のソプラノ・テナー泣かせ!こういう話はバラライカはたくさんありそうですね!

また、バラライカでは、ほとんど楽譜を見ることはなく、前奏も間奏も後奏もまったく予想がつきません(笑)もう〜ドキドキです(笑)

なんだろう…本当にその時その場の「ノリ」を大切にしている感じがします。いやあ、こういうのいいですね!

めぐ
私はまだまだ楽譜から離れられないけど、ゆくゆくは楽譜から離れてもっと自由になりたいです。

今までいろんな歌声喫茶に行ったけど、バラライカが一番「こういう風に弾けるようになりたいな!」って憧れます。

この日のステージの様子をチラ見せ。動画を撮りました!

歌い始めは声はまばらですが、1番、2番、3番とだんだん声がそろって盛り上がってきます。これはすごいですね!

南部さんにインタビュー!

バラライカをつくった南部敏郎さんにインタビューさせていただきました!

南部敏郎さんとひろせめぐみ

めぐ
南部さん、今日はありがとうございました!バラライカは私も大好きなお店です。お店を始めたきっかけを教えてください。
南部さん
ん〜!!「面白そう!」って思ったのが一番かな。
めぐ
面白そう!
南部さん
学生時代にある方から「歌声喫茶という面白そうなものがあるんだけど、やってみないか?」って声をかけてもらった。
めぐ
それがきっかけだったのですか!
南部さん
当時は大学生だったけど、大学をやめて「本場の歌声喫茶から実地で学ぼう」ということで、東京に出たんだよ。
めぐ
もともと、仙台で歌声喫茶をするつもりで東京にいらしたんですね。
南部さん
そうだね。僕は、ともしびでは3〜4年くらい修行したかな。
めぐ
その後仙台に戻られて、お店を始められたのですか?
南部さん
そう。すごかったよね、あのころの僕たちは。春に仙台に帰って、夏に200人くらいからお金を集めて、秋にはバラライカを開店した。いい時代だったねぇ。
めぐ
えー!準備期間は半年だったのですね。信じられないです!
南部さん
いやー。今思い起こせば、恥ずかしいことの数々…(笑)
めぐ
(笑)。バラライカを初めて何年になられるのでしょうか?
南部さん
1978年からだから、もう40年かな。前のお店は36年使わせてもらったよ。前の店は出ないといけなくなったけど、いろんなつながりで「仙台サンプラザ」さんで続けることができたんだよね。
めぐ
40年!すごいです!今までバラライカをやっていて、良かったと思うことはありますか?
南部さん
それはたくさんありますね〜!みんなで歌うと思わず歌えちゃう、そんな「場」をつくっている瞬間とか。
めぐ
「場」をつくっている瞬間!
南部さん
あとは、阪神・淡路大震災の後に神戸に呼ばれたことかな。震災の1年半後だったんだけど、当時は孤独死などもあったらしくてね。だから人を外に出して、つなげるという意味でも歌声喫茶をやったよ。
めぐ
神戸の被災地にも行かれていたのですね。
南部さん
僕たちも東日本大震災の被害にあったけどね、震災の1年後、2年後、3年後と歌声喫茶のあり方・心のもち方は変わってくるね。
めぐ
そうなんですね。被災地での歌声喫茶は、きっと多くの方の力になっていると思います。
南部さん
そうなっているといいね。
めぐ
バラライカで特に大切にしていることなどはありますでしょうか?
南部さん
そうだねー、やっぱり歌声喫茶だから、音楽がどんな風にあって欲しいか、というのはけっこう考えているかも?!
めぐ
音楽がどんな風にあって欲しいか、ですか!
南部さん
そう。あとは、必ずしもリクエストをやるのだけが歌声喫茶じゃない。リクエストじゃなくても、ここでどういう曲を入れるとみんなが元気になるか、とかいつも考えているね。
めぐ
バラライカのライブ感は、そういうところから来ているのですね!他にもライブ感の秘訣があれば教えてください!
南部さん
えーっと、その日の入りによって、キーを上げたり下げたりとかしてるね。うちはだいぶキーを変えてるよ。
めぐ
それはすごく感じました!
南部さん
歳を重ねた方とかだと、だんだん音も下がってくるから「その高さじゃ歌えないよ〜」って言われたりするんだよね。
めぐ
そうですね、私もよく言われます。
南部さん
「里の秋」とか、楽譜ではFだけど、Dか、場合によってはCくらいまで下げているかな〜。
めぐ
かなり下げているのですね。
南部さん
歌声喫茶は、お客さんが帰るときに「気持よく歌えたな」とか「好きな歌を力いっぱい、心こめて歌えたな」って感覚が残るのがいいかなと思っている。
めぐ
そうですね、私もそう思います!
南部さん
キーやテンポも一概に言えなくて、その時で変わっていくけどね。それがライブ感につながっているのかもしれないね。
めぐ
すごく勉強になります。この話を読者の方と共有できるのが嬉しいです。最後に、これからの展望があれば教えてください!
南部さん
そうだね〜。おかげさまで40周年を迎えたけれど、これからもお客様とできるだけ長く一緒に歩んでいきたいね。
めぐ
今までもお客様と共に歩んでこられたバラライカですものね。今日はありがとうございました!これからも応援しています!

歌声喫茶バラライカの情報まとめ

バラライカは、ライブ感が楽しい歌声喫茶です!ぜひぜひ、おいでになってその楽しさを体験ください♪

ひとつ注意があるのですが、バラライカで食事をしたい方は、3日前までに事前の予約が必要なんだそうです。

このスペースには厨房設備がないのですが、予約しておくとホテルからお料理を頼めるそうです。

  • Aコースオードブル…1,000円
  • Bコースオードブル…2,000円

お問い合わせ先や、営業時間やアクセスは、下の表をご覧ください!

場所 宮城県仙台市宮城野区榴岡5丁目11−1
仙台サンプラザ内6階
営業時間
  • 木曜日(13:00〜15:30)昼うた
  • 金曜日(13:00〜15:30)昼うた
  • 土曜日(18:00〜22:00)夜うた
  • 第1・3日曜日(13:00〜15:30)昼うた

こちらのページでバラライカの営業カレンダーが見られます!

 スケジュール

料金
  • 昼のうたごえ…1,500円(1ドリンク付き)
  • 夜のうたごえ…1,800円(1ドリンク付き)
お問合せ 080-9012-1255
baraika.1978@ezweb.ne.jp
ホームページ  うたごえの店バラライカ
めぐ
このブログでは、いろんな歌声喫茶を紹介しています。歌声喫茶記事一覧はこちらです!ぜひご覧くださいね♪

 

 Twitterでひろせめぐみをフォローしよう♪   

 

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい