【多様性と調和が生む豊かさ】ミュージカル「コモンビート」・オーケストラ・歌声喫茶から学んだこと








The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール

こんにちは! ひろせめぐみ( @megmeg0001)です!

先日、ミュージカル「コモンビート」を見に行きました。

そして、その次の日は「フェローオーケストラ」というオーケストラで、メンバーとして演奏しました。

この二つのイベントを通して学んだことがあります。それは「多様性と調和が生む豊かさ」です。

これは、私が普段活動している「歌声喫茶」にも通じるところがあったんですよ!

このページでは、以下の3つ

  • ミュージカル「コモンビート」
  • オーケストラ
  • 歌声喫茶

これらを通して見えてきた「多様性と調和が生む豊かさ」。そして今、それが必要とされていることについて、私が感じたことや学んだことをまとめました!

「みんな同じ」を強制する教育

多様性の話の前に「みんな同じ」を強制されていた、私の話について書かせてください。

私は、10代の時に「みんな同じ」をよしとする教育に疑問を持ち、苦しんでいました。

みんな同じ制服、同じ髪型、同じ靴。

朝礼の時に体育館に並んだ自分たちを見て「なんだか、とうもろこしの粒みたいで気持ち悪いな」って思ったのを覚えています。

私が通っていたのは校則が厳しい学校で、下着の色まで指定があるようなところで過ごしました。

「みんな同じ」を長い間強制されると、自分がわからなくなります。自分を自分と思えないような、苦しい時期がありました

生きた心地がしなく、自己肯定感も低かったです。

また「みんな同じ」が行き過ぎると「みんなと同じじゃない人」は、排除されたり、孤立したり、望まない変化を強制されたりします。

以前、地毛が茶色い生徒が、髪を黒く染めろと高校から強制されたことがニュースになりました。

この生徒は、どれだけの屈辱を受けたでしょうか。

人権侵害です。「あなただけ肌の色が違うから、みんなと同じ色に塗ってきてね」って言われるのと同じです。

ありのままの自分を受け入れてもらえず、「みんな同じ」を強制されることに、何の意味があるのでしょうか。

自分の「個性」を周りから認められることは、自分が自分として生きていくことです。自分のことを大事だと思える気持ちも育つでしょう。

そして、それと同じように「あなたがあなたとして生きていく」ことも尊重したいですね。

お互いに個性や違いを認め、尊重しあうということができれば、「自分と違うから」という理由で人を排除したり、変化を強制させることもなくなります。

これは、とてもとても大事なことだと思うのです。

コモンビートの「多様性と調和」

最初に書いたように、先日、ミュージカル「コモンビート」を見にいきました。

このミュージカルを運営している「NPO法人コモンビート」がめざすこと。ホームページから引用して紹介しますね。

コモンビートは、表現活動によって、自分らしく・たくましく生きる個人を増やし、多様な価値観を認めあえる社会の実現を目指すNPO法人です。

引用:コモンビートとは – NPO法人コモンビート

多様な価値観を認め合いながら、100名・100日間でミュージカルをつくっているんですよ!

職業や年代、価値観の違いを超え、それぞれの興味や得意分野を活かしながらつくる舞台。

お互いに教えあいながら学んでいるそう。「多様性」は力ですね!

「パズルのピースのように」とパンフレットには書いてありました。多様性を認めながらも、ひとつのものをつくる。まさにパズルのイメージですね。

またミュージカルの内容も、お互いの違いを認め合うこと、それは難しいことではあるけれども、大切だと教えてくれるストーリーでした。

コモンビートの詳しい情報はここから見られます!

 NPO法人コモンビート

オーケストラの「多様性と調和」

そして先日、私も所属している「フェローオーケストラ」の演奏会に出演しました。

私、オーケストラが大好きなんです。いろんな楽器があるのがたまらなく好きなのです!

  • バイオリン・チェロなどの弦楽器
  • トランペット・フルートなどの管楽器
  • スネア・シンバルなどの打楽器

多様な楽器があるからこそ、豊かな音楽が生まれるんですよね。

もちろん、同じ楽器だけで構成するアンサンブルもありますが、オーケストラの表現の広さと豊かさにはかないません。

オーケストラは、トライアングルのように小さな楽器でも、ひとつでもかけると音楽が成立しないんですよ。

また、逆に「オレは目立ちたいんだぁ!!」という我の強さはオーケストラでは嫌われます。我の強さがあると、全体でいい音楽はつくれないんですね。

オーケストラのいいハーモニーは、もっとお互いに溶け合っていくんです。それが、とても美しい。

いろんな楽器の多様性、そしてそれらがつくる調和が、オーケストラの音楽の豊かさを生み出しているんですね!「多様性と調和が生む豊かさ」そのものです。

フェローオーケストラの情報はこちらから見られます!

 フェローオーケストラ

歌声喫茶の「多様性と調和」

私が活動のメインにしている歌声喫茶。ピアノやアコーディオンの生の伴奏で、みんなで歌うお店や場のことです。

歌声喫茶は、歌い方に決まりはありません。誰でも心の思うまま、感じたままに歌える場です。

また歌声喫茶は、音楽の技能は関係なく参加できます。

プロもアマチュアも関係ないし、声の大小も歌の得意不得意も関係ない。また、福祉の場面では、病気や障がいをも超えて一緒に参加することができます。

歌声喫茶は多様な方が集まる場です。

いろんな方の歌声や、その歌へ込めた思いが重なっていくと「音楽の化学反応」が起きます。

それぞれの方が、心を解放させて歌ったからこそできる、とても豊かな音楽が生まれる瞬間があります

「音が合ってる」とか「リズムがそろっている」とかではないんですよね。なんだか「しっくり来る」瞬間です。(うーん!うまく言葉にできないのが、もどかしい…!!)

そこでしかできないひとつの音楽を、みんなでつくっていく喜び。この場限りのこの音楽が、儚くて愛おしさすら感じます。

歌声喫茶の「多様性と調和が生む豊かさ」は、なかなか他では経験できないかもしれません。

まとめ

「多様性と調和」は、これからの時代を豊かに生きていくためのキーワードと思い、

  • ミュージカル「コモンビート」
  • オーケストラ
  • 歌声喫茶

の3つを通して見えてきたことをまとめてみました。

個人としての生きやすさとしても大切ですし、社会に対しても「多様性と調和が生む豊かさ」をもっと発信していきたいと感じました。

虹は七色あるから美しい。こういう場をもっとつくっていきたいです。

私が記事内で紹介した歌声喫茶も、この機会にぜひ体験くださいね!

歌声喫茶デビューは、東京・新宿の「歌声喫茶ともしび」がおすすめです!年中無休です(元旦は休み)

 Twitterでひろせめぐみをフォローしよう♪   

 

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい