[地域うたごえ研究会]今後の方向性について。ずっと気にかかっていたことを書きました








こんにちは!うたごえ伴奏ピアニスト・音楽療法士の ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

2017年の11月に「地域うたごえ研究会」を立ち上げ、一回目のイベントも行いました

実はその後、私は4ヶ月もの間、何もアクションが起こせなかったのです。

なぜかと言うと、一回目のイベントを企画した後から私の中でずっと気にかかっていたことがありました。そのため「このままの方向性でいいのか」と足踏みをしてしまいました。

でも「日本中にうたごえの場を増やしていくために、研究会にもっと力を入れていきたい」という気持ちは変わらなかったです。

いろいろ情報を集めて考えた結果、方向性が決まりました!

この記事では、地域うたごえ研究会のイベント後に気にかかっていたことと、今後の方向性について書きました。

地域うたごえ研究会とは

めぐ
そもそも「地域うたごえ研究会」ってなあに?

まず「地域うたごえ」という言葉を簡単に紹介しますね。

地域で開催される手づくりの歌声喫茶」のことを指しています。

必ずしも喫茶形式である必要はなく、音楽ホールなどで開催されるものも含む「生の伴奏でみんなで歌う場」です。

お店を持って営業するのではなく、地域の資源(会場・人材・地域事業など)を活かしながら運営します。

そして「地域うたごえ研究会」は、みんなで地域うたごえに関する知恵や情報をシェアする研究会です

いろんな地域うたごえの形がある中で、お互いの方法を尊重しながら、地域うたごえに関する「知恵の集合体」をめざします。

将来的には地域うたごえの普及をしながら、うたごえの場を増やすことと質を上げていくことにつなげる研究会です。

詳しくはこちらの記事に書きましたので、気になった方はご覧になってみてください。

地域うたごえ研究会とは?みんなで地域うたごえに関する知恵や情報をシェアする研究会です!

2017.09.21

イベントの後に気になったこと

そして、地域うたごえ研究会の1回目のイベントを過去に開催しました!

こちらの「歌声喫茶について語る会」です。

【地域うたごえ研究会レポート】地域うたごえの未来を語る(歌声喫茶について語る会‪Vol.‬1)

2017.11.06

参加者は約10名。お互いに地域うたごえの事例を紹介しあったり、悩みや解決方法を共有したり、とても充実した時間ではありました。

でも実は、イベント後にモヤっとしたものが私の中に残りました

地方の方は負担が大きい

遠方からいらした方もいて、中には四国から飛行機を予約して申し込んだ方もいらっしゃったんですね!

その方は身体の都合でいらっしゃることができなかったのですが、地方の方は、東京に来るために飛行機を使わないと来れない方もいらっしゃいます。

これ毎回企画する度に、地方の方は飛行機に乗らなきゃいけないの?」という疑問が私の中に残りました。

それはあまりにも負担が大きい。

このブログは今、全国の方が読んでくださっているんですね。

関東のみならず、日本中にうたごえの場が増えることが、地域うたごえ研究会のめざす方向性です

なんとか地方の方も、もっと気軽に平等に参加できないか」ということを、ずっと考えていました。

大人数では双方向に濃い話ができない

前回のイベントは10名の参加。これより多い人数だと双方向の濃い話ができないと感じました。10名でギリギリなんです。

4〜5人くらいが一番理想かな。でもこれだと、日本中にうたごえの場を増やすのに何年かかるやら。

月に1回の開催で1年でたったの50名。しかも、1回しか参加できないと仮定しての計算です。

このペースは、ちょっと遅すぎると感じました。

記録が残らない

以前開催した研究会のイベントは、話し合った記録が残らないのも気になりました。

クローズドな空間だったので、このブログで記事にできない話もあったんですね。

話し合った記録や参加した方の情報を、クローズドな環境で参加者に共有できないかと考えていました。

読者の方からいただく質問は似ている

私は今、@LINEで読者の方からの質問を受け付けています。

嬉しいことに、毎日のようにLINEをいただくようになりました

その場でお答えすることが多いですが、多くの方に共通することは記事にすることもありました。

これらの記事は、読者の方からいただいた質問にお応えする形で書いた記事です。

まだまだこれ以外の質問もいただいているのですが、読者の方からいただく質問って似たようなものも多く、それぞれの方に何回も同じ回答をしたことがあります。

勉強したい方同士が何らかの形でつながっていると、やり取りをシェアできれば質問する方も答える方も手間が省けますね!

インターネットの力をつかう

はじめは、リアルでの勉強会・研究会をメインにしようと考えていました。でも今は考えが変わりました

このブログの読者の方と私の共通点は、インターネットが使えること。

非公開のインターネット上のコミュニティを構築し、ここを今後の「地域うたごえ研究会」のメインとします

その中の「オフ会」という形で、飲み会や勉強会をサブとして企画したいと思います!

ちなみに、このコミュニティは有料(月会費)です!それだけ払ってでも価値を感じていただけるようなコミュニティをつくります

具体的な料金や詳しい内容はまだ発表できませんが、どうぞ楽しみにされてくださいね!

まとめ

「地域うたごえ研究会」は、4月の中旬に情報を解禁し、メンバーを募集します!

ちなみにFacebookの機能を使った研究会なので、Facebookに登録していなくて研究会の参加を検討される方は、今のうちにFacebookに登録して操作に慣れてみてくださいね

iPhone・iPadの方はこちらからアプリがダウンロードできますよ。

Facebook

無料
(2018.03.18時点)
posted with ポチレバ

地域うたごえ研究会の新しい情報は、またこのブログを通してお知らせします!

追記

「地域うたごえ研究会」は「歌声喫茶コミュニティ」に名称を変更しました!そして、「歌声喫茶コミュニティ研究会」オンラインサロンを開設しました!

日本で初めての、歌声喫茶コミュニティを実践している方が集まるオンラインサロンです。

めぐ
みんなで知恵や情報をシェアし、交流しながら学んでいます♪

ただ今メンバー募集中です!詳細はこちらからご覧ください!

 「歌声喫茶コミュニティ研究会」で、地域や施設で「みんなで歌い楽しく集える場」づくりを学びませんか?

The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール
 Twitterでひろせめぐみをフォローしよう♪   

 

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい