活動理念を定めようとしたら、想像以上に苦悩した話








The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール

こんにちは!うたごえ伴奏ピアニスト・音楽療法士の ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

フリーランスとして活動している方、また団体運営をしている方で「理念」を掲げて活動している方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

よく会社では「経営理念」とか、協会では「協会理念」があったりします。

私は最近、理念の必要性を感じるようになりました。

めぐ
でも、いざ理念を定めようとしたら想像以上に苦悩しました。

この記事では自分の記録として、理念を定めようとしたら想像以上に苦悩した話を書きます。

理念とは?

そもそも、理念とは何なのでしょうか?辞書にはこう書いてありました。

ある物事についての、こうあるべきだという根本の考え。

引用:goo国語辞書-デジタル大辞泉(小学館)

すべての根本。木でいうと根っこになるものですね。これがあるのとないのとでは活動の安定感が全然違ってくるだろうなと感覚的に感じていました。

その証拠に、今まで出会った企業や団体さん。すごくいい活動をしているなって思うところは、みんな理念がありました。

理念の例

参考に、いいなと思う理念の例を3つあげます!

日本アンガーマネジメント協会

怒りの気持ちをコントロールするためのトレーニングを広めている「日本アンガーマネジメント協会」の協会理念です。

怒りの連鎖を断ち切ろう

引用:当協会について | 日本アンガーマネジメント協会

CRファクトリー

「つながり」や「コミュニティ」を生み出すための支援をしている「CRファクトリー」はビジョンとしてこう定めています。

すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会の実現

引用:ビジョン・ミッション | NPO法人CRファクトリー

Facebook,Inc.

多くの人が使っているFacebookというSNSを提供している「Facebook,Inc.」の理念はこちらです。

誰もが情報を共有できる、オープンでつながりのある世界を実現する

引用:Company Info | Facebook Newsroom

どの理念も、すごく力を感じますよね!

そして「何のために存在する企業・団体なのか」がすごくわかりやすくまとまっています。

なぜ理念が必要なのか

なぜ今、理念が必要と感じたのか。

何のために団体があり、活動しているのか。そして、これからやるべきことは何か。

ぼんやりした「何となく良いから」ではなく、もっと明確に言語化したかったのです。

自分のためでもあるけど、私がいないところでも人から人へと話したくなる、自走する理念をつくりたかった。

そして、理念に共感する人が集まって、学び合っていけたらいいなぁと思ったのです。

また活動して行くうちに、何かで迷う場面があった時、進むべき道を示してくれる「羅針盤」のような理念が必要でした。

想像以上に苦悩した話

今、私はCRファクトリーの「コミュニティ塾」というところで団体運営について学んでいます。その塾の中でこんな課題が出ました。

理念を成文化して来てください

「いつか、やらなきゃな〜」と思っていたことに、本気で向き合うことになりました。

めぐ
ところが、これが想像以上に苦行だったのです。

そのドタバタっぷりをメモとしてツイートしていたので、ここから貼ります!!

今見返すと、そうとう迷走していますね…!!

コミュニティ塾の先生からは「ここで苦しい思いをして掘り下げるのは大事!むしろもっと苦しんでもいい(笑)」というドSなコメントももらいながら考えました(笑)

そうそう、理念を言葉にするのに参考にさせてもらったのは、「面白法人カヤック」さんのこちらのページ。

 いい経営理念の定義と、他社の経営理念

100社以上の経営理念がまとまっていて、サクッと読めます!

「えー!この企業の理念ってこんな理念だったの?」と初めて知ったり。面白いです!

理念を考えた結果

理念を定めるために考えた結果、私が今の活動を始めるようになったのは、以下のような気持ちが原点だとわかりました。

  • 「みんなで歌う」ということの可能性をもっと知りたい
  • 役に立ちたい

こうして言葉にすると簡単ですが、ここまで堀り起こすのに結構行ったり来たりしたんですよ。実は、コミュニティ塾で発表した理念と、最終的に決めた理念は全然違う文言になっています。

この作業をして思い出したことは、「役に立ちたい」という感情についてですね。

個人的な話になりますが、私が通っていた高校はとても厳しい学校で、当時はいつも自分のことを否定していました。

卒業後も思考回路はそうなってしまい、積み重なって20歳ころの時には立ち直れなくなって引きこもりになりました。そして、いつも自分の事をこんな風に考えていました。

  • 「どうして私はこんなに役に立たないのだろう」
  • 「いつか私は社会から排除されるんだ」

今考えるとゾッとするのですが、当時こう思っていたのを思い出して結構つらくなりました。ええ、ここ最近は精神的にかなり消耗しましたよ(苦笑)

本当の私は超根暗なんですわ( ´Д`)

でもここでこういう風に文字にして、この場をかりて公開したことで私の中から手放せた気がします。

「役に立ちたい」って人間の素直な欲求ですよね。

「役に立つ」ことは、それをしている本人も救われることなんだと考えています。

自分が役に立つ活動をしつつも、同時に他の人も「私は役に立てている」と思える場があるといいなぁと思うのです。

まとめ

個人的な思いも含めつつですが、私の今の活動を通して「人の幸せ」とか「人生の豊かさ」を深めていきたいです。

そのための第一歩として理念を考えました!理念がしっかり明文化されてまとまったので、このブログであらためて記事にして発表します!

追記

私が主宰・運営している「歌声喫茶コミュニティ研究会」の理念を定めました!

「みんなで歌う」を人と社会に役立つ形に

という理念です。こちらの記事で詳しく紹介しています。

 「地域うたごえ研究会」は「歌声喫茶コミュニティ研究会」として再出発します!

「地域うたごえ研究会」は「歌声喫茶コミュニティ研究会」として再出発します!

2018.07.01

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい