CRファクトリーのWEBライターになりました!発信力であたたかいコミュニティをあふれさせます!








The following two tabs change content below.
ひろせ めぐみ
ひろせ めぐみ
『みんなで歌う』を人と社会に役立つ形に」をテーマに、歌声喫茶コミュニティ(みんなで歌い楽しく集える場)の普及をめざすピアニスト。歌声喫茶ともしびなどで伴奏。音楽療法士。
 くわしいプロフィール

こんにちは!ブログを書くことが大好きな ひろせめぐみ( @megmeg0001)です。

このブログを2017年に開設して以来、多くの方に読んでいただき、ブログを通した素晴らしい出会いがたくさんありました。

今回ご紹介するのはそんな出会いのひとつであり、とても嬉しいお知らせです。

なんと、NPO法人CRファクトリーという団体で、WEBライターとしてデビューすることとなりました!

光栄なことに、私のライティングスキル(書く技術)を認めていただいたのです!

めぐ
今まで、自分のためにしか使わなかったスキルを認めてくださり、使ってくれるのがとても嬉しいです!

この記事では、CRファクトリーさんとの出会いや、ライターになった経緯、CRファクトリーのライターとして、これから目指したいことを書きました。

CRファクトリーとは?

NPO法人CRファクトリーがどんな団体なのか、まず簡単に紹介しますね。

ホームページから引用して紹介します!

CRファクトリーとは

NPO・市民活動・サークルなど非営利組織を対象とした、組織マネジメント/人材育成の専門家・中間支援組織です。

引用:NPO法人CRファクトリー

すべての人が居場所と仲間を持って心豊かに生きる社会の実現」を目指すビジョンとしています。

そのために「居場所と仲間を感じるあたたかいコミュニティを世の中にあふれさせる」ことをミッションとし、様々なサービスを展開している団体です。

もうすこし砕けた言い方で、私の言葉で書くとこんな感じかな?

めぐ
「コミュニティの力」は様々な社会問題を解決するし、人を幸せにする。「あたたかいコミュニティ」を増やすためのサービスを展開していこう!

CRファクトリーは、コミュニティへの並々ならぬ愛と使命に燃えている団体です。

「CRファクトリーについてもっと知りたい!」という方は、こちらのホームページからご覧になってみてください。

 NPO法人CRファクトリー

CRファクトリーとの出会い

CRファクトリーとの出会いは、Facebookで知ったイベントでした。

それをきっかけにセミナーにも行くようになったのですが、とてもインパクトのある内容で、私は一度でCRファクトリーさんのコンテンツにすっかり惚れ込んでしまいました

中でも印象に残っているのは、「データが語る『コミュニティ』と『つながり』の重要性」というセミナー。

つながりがあったり、コミュニティに所属することが、「健康・幸福・教育」に影響を与えるという話をたくさん聞くことができました。

私は、普段は歌声喫茶をモチーフにした地域コミュニティをつくる活動をしています。このセミナーに参加したことで、自信と確信を持って、地域コミュニティの運営ができるようになりました。

このセミナーのインパクトはとても大きく、この内容をもっと多くの方に知ってほしいと思って、記事をひとつ書いて発信したくらいです。

「地域コミュニティとしての歌声喫茶」の可能性をデータで学んだことから考察する。

2018.05.20

CRファクトリーの代表の呉さんも、Facebookでこの記事の感想を書いてくださいました!

この記事に「泣きそうなくらい感動しました」って感想をいただいて、すごく嬉しかったです。

コミュニティの力を実感していた

どうして私がこんなにコミュニティの力を感じ、CRファクトリーさんの理念やコンテンツに共感するのか。理由は2つあります。

1つ目は、地域の歌声喫茶コミュニティの場で、そこにいらした高齢の方の良い変化をたくさん見てきたから。

私は、この場をずっと「社会的孤立化の予防」を目的として運営していましたが、ある時ふっと「コミュニティ」というキーワードに出会いました。いらした方の良い変化には「コミュニティの力」というものがあると感じるようになりました。

2つ目は、私自身が「歌声喫茶ともしび」のピアノ伴奏者になることで、そのコミュニティに救われたのと同時に、よい影響を受けながら成長することができたからです。

ともしびに入る前は、自分の活動に対して行き詰まってたし、孤独感に悩まされていました。でも、ともしびに入ってから、安心してしっかりと前に歩んで行けるようになったという実感があります。

この2つの理由から「コミュニティの力はすごい」と、私は自分の体験をもって感じていました。

CRファクトリーのコミュニティ塾で学ぶ

2017年からの構想で「コミュニティの力」を利用して、地域で私と同じような活動をしている人と学び合ったり、励まし合ったりできるような場をつくろうと考えていました。

そして、2018年4月に「歌声喫茶コミュニティ研究会」というオンラインサロンを開設しました。

Facebookを使った、インターネット上のコミュニティです。

このコミュニティをもっと価値のあるものにしたく、CRファクトリーの「コミュニティ塾」で2ヶ月間、マネジメントをみっちり学びました!

コミュニティ塾を終えたあと、やはり学んだことをこちらの記事にして発信しました。

コミュニティ塾(NPO法人CRファクトリー主催)は、団体運営のノウハウと仲間が得られるすごい塾でした!

2018.07.30

 

ちなみに、コミュニティ塾で一番大変だったことは、活動理念を定めること。その時に書いた記事もあります。

活動理念を定めようとしたら、想像以上に苦悩した話

2018.06.30

 

コミュニティ塾を終えてからも、歌声喫茶×コミュニティに関する記事は書いていました。

「歌声喫茶」は、懐かしくも新しいこれからの時代のコミュニティになる

2018.08.23

めっちゃ記事書いてますよね(笑)コミュニティ塾で学べたことも良かったですが、こうやって記事にして発信したいくらいインパクトがあったのです。

ライターになった経緯

CRファクトリーのコンテンツに惚れ込んでいたので、代表の呉哲煥さんとお話する機会があった時に「何かお手伝いできることがあればしたいです!」とお話しました。

すると呉さんはすぐに、私のライティングスキルやインターネットでの発信スキルを借りたい、とお話くださいました。

めぐ
私のブログの記事もいくつか読んでくださっていたんです。

私のスキルに関しても「もっと自信を持っていいと思う」と言ってくださり、とても勇気づけられました。

自分でもしばらく気がつかなかったのですが、そういえば、ブログを始めてからついたスキルってこれだけあるのですよね。

  • ライティングスキル
  • ‪WordPress‬を扱うスキル
  • 画像の加工スキル
  • HTMLやCSSなどのコードの知識
  • WEBデザイン
  • パソコンのスキル
  • SEOの知識(検索に強くなるための施策)
めぐ
わけのわからない言葉が並んでしまいましたよね。すみません。

要はブログを始める前と比べてめちゃくちゃパソコンに詳しくなり、自分でホームページを更新したり、デザインをいじったりできるようになった!ということです。

このブログも、実は外注せずに、私一人で執筆・運営・デザインをしています。「趣味はホームページをつくることです!」と言っているくらい、作業は楽しくて仕方ないですね。

そして、今まで自分のためにやっていたことが、これから誰かの役に立つのがとても嬉しく思います!

CRファクトリーのライターとして

晴れて、2018年10月からCRファクトリーのWEBライターとなりました!

自分の学びたい・興味がある分野の記事が書ける。ライターとしてこれほど嬉しいことはありません。

日々、現場でのコミュニティマネジメントに悩み、もがいている私にとって、CRファクトリーさんのコンテンツを学びながら執筆することは、読者の方と近い視点で書けるという強みがあります

読んでくださる方と一緒に学んでいくような気持ちで書けたらと思います!

CRファクトリーの記事を書くことで「コミュニティの力」をもっと発信していきたい。

その結果、社会問題の解決の一助となったり、幸せな気持ちを感じられる人が一人でも増えていったらいいなという思いでいます。

まとめ

この記事では、CRファクトリーとの出会いから、ライターになるまでの話を書いてみました。

めぐ
個人的なことですが、CRファクトリーのライターになって、自分の中でどんな変化が起きるかすごく楽しみです。

自分のブログではない、別の団体のために記事を書く経験も初めてだし、これから触れていくCRファクトリーのコンテンツを、私が運営しているコミュニティにも活かしていきたいです!

ちなみに、私が運営している「歌声喫茶コミュニティ研究会」は、「オンラインサロン」というインターネット上で学び合う新しい形のコミュニティです。

長くなるので、詳しくはこちらの記事に書きました!「オンラインサロンってどんなコミュニティ?」と気になった方は、ぜひご覧になってみてください。

 「歌声喫茶コミュニティ研究会」で、地域や施設で「みんなで歌い楽しく集える場」づくりを学びませんか?

 Twitterでひろせめぐみをフォローしよう♪   

 

記事のシェアはこちらからどうぞ♪

 あわせて読みたい